852_続・自己免疫系なのか?
先週の土曜日に再び病院に行って来ました。

852日目その1

これで通算すると3週間、免疫抑制剤を服用しているクロム。

家族である我々の見解としては、

出足は変化が鈍かったものの、かなり改善している印象でした。

しかし先生は3週間服用しているにしては治りが悪いとのこと。

他の可能性を除外する意味で血液検査をする事になりました。

内訳はアレルギー検査(約1万5千円)と甲状腺検査(約5千円)。

852日目その3

という訳で採血となったのですが、

いつも注射の時に保定してくださるのは女性の助手さんのはずが、

手が空いていた別の獣医師さん(男性)が保定する事になり

クロムは怖がり大暴れ・・・久しぶりに魚みたいにビチビチしてました・・・。

すると私は退出するように指示され、待つ事数分。

私が出て行った後は大人しかったそうで、すぐに採血できたようです。

そして大人しく先生の腕におさまっていたクロムが私に抱っこされた途端、

先生に「ワン!」と、悪者の「お、おぼえてろよ!」風に吠えてました。

クロム・・・かっこ悪いぞw

そしてクロムの現在の状況はこんな感じです。

あまり見た目のいいものではないので、

見たくない方はスルーしてくださいね。

↓↓↓

852日目その2

足の付け根の方に黒いかさぶたが残っています。

以前はこのかさぶたがお腹の全体にあったので

それを考えるとだいぶよくなっているように思います。

ただなぜ足の付け根に残っているかというと、

どうやらクロムが舐めやすい場所なので他の所より治りが悪いみたいです。

852日目その4

なので気にしている時はカラーを付けたり、首に布を巻いたりして

なるべく舐めないように監視しています。かわいそうですが。

早く痒みから解放してあげたいです。



836_自己免疫系なのか?
装着すると全く動かなくなってしまう(ソフト)エリザベスカラーでしたが、

※ずっと装着している訳ではなく、カイカイをしつこく舐めようとする時のみ

ようやく少しずつ慣れてきたようで、

最近では寝たりもできるようになってきました。

836日目その1

ただ装着している時はすごく訴えるような目をしてきます・・・ゴメンね。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

カイカイの件、続報です。

先々週の土曜日に再び病院に行き、

抗生剤を増やした結果を診察していただきましたが、

変わりないか、むしろ悪化している状態でした。

836日目その2

よって膿皮症の可能性は低いとここで結論付ける事になりました。

そして先生が自己免疫系の病気かもしれないと推測し、
(自己免疫機能が過剰に働き、カイカイを起こしているとの事。)

1週間免疫抑制剤を服用することになりました。

この免疫抑制剤、名前はすごく怖そうですが、

副作用が低いのでステロイドよりはオススメなんだそうです。

836日目その3

そして先週の土曜日に再び病院へ行って来ました。

まだ1週間なので、はっきりした効果はでてないものの、

先生も私も少しだけ改善しているように感じました。
(かさぶたが少し薄くなったような感じ)

よって今回は2週間分の免疫抑制剤を出してもらい、

再び様子を見ることになりました。

ようやく改善してきてうれしい反面、

自己免疫系の病気なら一生付き合っていかないといけない病気となるので

それはそれで複雑ではあります。

836日目その4

ただ今は早くカイカイを改善して

クロムのストレスを減らしてあげられるよう願っています。



819_膿皮症その後
最近作成した犬服です。

819日目その1

この布もダイソーのひざ掛けとして売られていたものです。

アニマル柄は格好良く見えますね ← ハイ、親バカ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

クロムがたまにカイカイをなめる事があるので、

少しでも症状が悪化しないように・・・と

ソフトカラーを購入してみました。

819日目その2

しかしながら、装着するとすぐに固まってしまいます。

慣れの問題なんですかね・・・。

さて、30日に再び病院に行って来ました。

外部の検査機関に依頼した結果が出ました。

内容は膿皮症を引き起こすブドウ球菌が検出され、

処方されている抗生剤も有効という結果でした。

819日目その3

でも前回の通院から約2週間経ちましたが、治るどころか悪化している状況です。

先生によると、3週間抗生剤を飲み続けていて改善しないのはおかしいとの事で、

膿皮症はあるものの、複合的にアレルギーも発症しているのではないか・・・という結論になりました。

819日目その4

これからの治療方針は、あと1週間抗生剤を量を増やして飲んで改善するか確認します。

やはりそれでも改善しないようなら、血液検査でアレルギーを探します。

それでも原因がわからないようなら、全身麻酔して皮膚を切り取り病理検査をするとの事。

この病理検査で必ず原因が確定するんだそうです。

・・・とはいっても、全身麻酔はなるべくしたくないので別の方法で改善できるといいのですが・・・。

来年はクロムからカイカイと取り去ってあげられるように頑張ります!

819日目その5

よいお年をお迎えください。



806_そして膿皮症へ
最近作成した犬服です。

806日目その1

布はダイソーでひざ掛けとして売っていたものです(250円くらい)

他にもロックミシン用の糸まで売っていてビックリしました。

まだ使用していないので何とも言えませんが、

手芸ブランドのロックミシン糸は高いので、

これで使い勝手(品質)がよければとても助かります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

週末クロムを連れて再び病院に行って来ました。

診察の順番的に前回とは別の先生になりましたが、

病状を診察していただきました。

説明を受けている時に

「膿皮症は・・・」というワードが出てきたので、

私「膿皮症?前回は細菌とマラセチアという話でしたが、まさか細菌というのが・・・」

先生「そうです、それが膿皮症の事なのです」

ガーーン・・・無知な私(恥)

再び皮膚片を取り検査をしていただいた所、

マラセチアはほとんどなくなりましたが、

細菌の数は相変わらず多い・・・ということで、

薬用シャンプーはできれば毎日行い、

シャンプーが無理な日は処方された消毒薬を患部に付ける事になりました。

ちなみに使用している薬用シャンプーはこれです。

806日目その2

先生から特に指定はなかったので、アマゾンで評価が高くランキング上位のものです。

話を戻して、処方された抗生物質が効いてないという可能性もあるので、

1万円程かかりますが(強制ではなく希望するなら)、

外部の検査機関に詳細な細菌の状態を検査していただく事にしました。

※対象となる細菌によって効く抗生物質も変わってくるため。

ただ、抗生物質の投与は劇的に効果が現れず

治癒に時間がかかる場合もあるので、

今回は前回と同じものを処方していただく事になりました。

検査機関からの結果が10日間程で出るので、

その後また薬を検討する事になりました。

806日目その3

ついに我が家にやってきてしまった膿皮症。

もしかしてこれから長い付き合いになってしまうのかと考えると

とても不安でしょうがないのですが、

とりあえず今は課せられた任務(投薬、お風呂、消毒)を

かかさずこなして改善を待ちたいと思います。



804_カイカイ戦線変わりなし
最近作成した犬服です(DogPeace型紙)。

804日目その1

804日目その2

股下が少し緩めになっているので、型紙を少し改良する必要がありそうです。

数作ってフィットする型紙を完成させるしかないかな~という感じです。

やっぱりロンパースって難しいです。

そうそう、かわいいフリース布を見つけたのでついつい購入してしまいました。

804日目その3

これで服を作るのが楽しみです。

ミニピン柄もあればいいのにな~

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

本当は改善した様子をお伝えできればよかったのですが、

残念ながらあまり変わりなし、というのが現状です。

↓↓ この後写真を載せますので見たくない方はスルーして下さい。

赤みが薄くなって喜んでいたら、次の日にはまた赤みが出て・・・という感じです。

804日目その4

週末に再び病院に行ってこようと思います。

さて、これから載せる写真は、カイカイになる前の日野ドッグランの様子です。

カイカイやらで後回しになっていたのですが、

いろんなワンちゃんと遊んだとても楽しい日だったんです。

写真だけサクッと上げておきます。

804日目その5

804日目その6

804日目その7

804日目その8

804日目その9

804日目その10

早く治してランにも連れて行ってあげたいです。





Copyright © ワンワンハジメマシタ. all rights reserved.